「本の紹介」 一覧

脳の右側で描け 体験レビュー

【画力上達】「脳の右側で描け」は本当に絵が上手く描けるようになるのか|ルーミス日記番外

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

no image

【スーツ資料】かっこいいスーツを描くなら洋画ドラマ「SUITS」を参考にすべし!

シルエットが格好よく決まったスーツを描きたい! スーツの日常動作の資料がもっと欲しい! スーツ版、ク ...

風景デッサンの基本 レビュー

【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

リズムとフォース 書籍レビュー

【画力上達の本】リズムとフォース 躍動感あるドローイングの描き方

「静止して見える、硬い人体イラスト」からの脱却 「人を描くのって楽しいね」をひたすら模写して、ある程 ...

顔の描き方動画 まとめ proko

【顔の描き方】これでもう迷わない!5分で分かる頭の描き方動画4点

このところの課題だった「頭部」「顔」の部分についてproko先生が動画にて解説してくれていることを先 ...

【スーツ資料】スーツ男性を描くならコレは外せない!オススメ資料8選

【スーツ資料】スーツ男性を描くならコレは外せない!オススメ資料ベスト3【かっこいいポーズ】

絵を描くにあたっていろいろな資料が発刊されていますが、意外とスーツ資料のためのものって少なくないです ...

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

マイケルハンプトン 人体の描き方

【画力上達の本】マイケルハンプトンの人体の描き方:躍動感のある、しなやかな人体イラストを描けるようになりたい人必携の本

マイケルハンプトンの人体の描き方ってこんな本です マイケルハンプトンの人体の描き方は、人体を描くにあ ...

ルーミス やさしい人物画

【ルーミス教本:やさしい人物画】絵がうまくなりたいと言うとおおよそこの書籍を紹介される理由は人体を把握するために必要な基礎的な教本のためらしい。

「人を上手く描けるようになりたいです!」と言うと、だいたい「ルーミスやりなさい」という返事がきます。 ...

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.