ルーミス日記

【練習91日目】スーツアクションの模写|ぼくのルーミス日記

投稿日:2017年3月7日 更新日:

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

昨日に引き続き、スーツアクションの模写をしていました。

このところ、マイケルハンプトン先生の書籍「人体の描き方」をずっと練習していた成果なのか、以前より服の向こう側にある体が見えるようになってきたような気がする!

また、苦手だった足も、服のしわを通して力の方向、リズムの方向が取れるので以前より「動いている瞬間」にほど近い感覚で絵が書き起こせてきている感覚がでてきました(n*´ω`*n)

ただ、手足が広がったもの、手足を伸ばしているものはまだバランスをとるのがとても苦手です。

縮こまったシルエットであれば、すぐに形をとらえられるようになってきたのですが、手足が伸びていると、どのようなシルエットをとればいいのかが、把握がまだまだ苦手です。

この辺りは、模写を通じて、シルエットをとらえる練習をしていこうと思います。

スーツのたなびき方、しわの入り具合など、少しずつ生きた線で捉えて描けるように、日々精進であります( ˘ω˘)

 

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

 

絵の練習に利用した書籍

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記
-, , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.