ルーミス日記

【練習74日目】人体はすべて、球、ボックス、円柱を使って構成していく|ぼくのルーミス日記

投稿日:2017年2月6日 更新日:

絵を練習していて今日気がが付いたこと

以前から気になっていたマイケルハンプトンの人体の描き方を利用して、「模写+文章を読む」をやってきて気が付いたのは、こちらの書籍は本当に「図形」をしっかり描くことで、人体が把握できるようになっているんだなあ…ということでした。

練習記録の画像の下に、その部分についてまとめられていたことを一部抜粋引用させていただいていますので、よろしければさんこうになさってみてください(n*´ω`*n)

 

絵を練習記録

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

マイケルハンプトン先生の書籍「人体の描き方」から引用

フォームと連結部という章のまとめに、このようなことが書かれていました。

1:ボリューム

人体はすべて、球、ボックス、円柱を使って構成していく。これらのボリュームを描く練習を積み、どんな大きさ、角度でも描けるようになろう。

2:ラインを使ってボリュームを保持する

球、ボックス、円柱を基本要素として使用する場合は、それらが作り出す効果に逆らってはいけない。むしろ、形状による効果を強めるべきで、表面の来任がそれを補強または台無しにすることに敏感になろう(ラッピングライン)

3:ボリュームを組み合わせる

球、ボックス、円柱を組み合わせ、有機的なフォームを作り出すことで、人体のおおよそのフォームを手早く構成する。

4:ボリュームを追加&連結する

ボリュームを追加または連結するには、上記の3つのステップを使い、複雑なボリュームを別のボリュームに一体化させる。

 

昨日の記事にも書いていた「基礎的な図形」をしっかり描けるようになることが、人体の思った通りの動作を立体的に描けるようになるコツ、なんですね。

【練習73日目】隙間時間を活用し、思い通りに描けるようになる6つの基礎練習|ぼくのルーミス日記

  なんだかんだで続いておりますルーミス日記。 利用している書籍はルーミスだけではなくなり ...

続きを見る

 

そのためにもやはり大切なのは「基礎的な図形をしっかり描けるようになるための積み重ね」ということになりそうです。

応用をするためには、まずは基礎をしっかりと…はどの分野でも必ず言われていることですが、絵を描くという分野においても例外ではないみたいです。

積み重ねていけば確実にその場所にいけると思えば、この積み重ねはとても楽しいものになりそうです^^

どの角度からでも、どんなポーズであっても描けるようになるためにも、まずは

1:ボリューム(図形)をどこの角度からでも描けるようになる

2:ボリューム同士を自由に連結できるようになる

ここを大切に意識しながらやっていこうと思います。

 

絵の練習に利用した書籍

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記
-, , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.