ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

ルーミス日記

【練習16日目】その筋肉線は「どこに向かって」引けばいいのか。|ぼくのルーミス日記

投稿日:2015年9月21日 更新日:

筋肉を写真や図などを見ながら描いていてもいつももにょっていたのは「この線はどこにいってるの?」がわからなかったことです。

ルーミスでは図と一緒に説明の文章が書かれているので、その部分を読みながら描いていくと、なんとなーく把握しながらできてる感じがします。

線に把握した状態を再現できていないけれど、今まであてずっぽうで見たままだけを描くということをしていた時より、意識して書けるような感覚をもらえました。

意識して数を描こう!(数かけばいいわけじゃないけども)

 

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

 

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記
-, , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.