ストーリーボードアーティストになるためにはどんな勉強をしたらいいの?栗田唯さんMARZA高橋さん




インタビュー ストーリーボード

ストーリーボードアーティストになるためにはどうしたらいいの?MARZA高橋さん、ストーリーアーティスト栗田さんに聞いてみた!【後編】

投稿日:2018年7月30日 更新日:

ストーリーボードセミナー
【ストーリーボードセミナー レポ】「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」を受講してきました~!

2018年5月11日、CGWORLD(+ONE Knowledge)さん主催の「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」ストーリー ...

続きを見る

CGWORLDさん主催、栗田唯さん講師の「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」のセミナー受講以来

ストーリーボードアーティストという職業に興味をもちました

…という方いらっしゃるんじゃないかなーとおもいつつ、この記事を書きました。

  • ストーリーボードというものに興味がある
  • ストーリーアーティストになりたい!
  • 絵を描く職業の種類をもっと知りたい!

という方に読んで頂けたら嬉しいです。

こちらの記事は

ストーリーボードアーティストになるためにはどんな勉強をしたらいいの?栗田唯さんMARZA高橋さん
ストーリーボードアーティストになるためにはどうしたらいいの?MARZA高橋さん、ストーリーアーティスト栗田さんに聞いてみた!【前編】

CGWORLDさん主催、栗田唯さん講師の「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」のセミナー受講以来 ストーリーボードアーティスト ...

続きを見る

の後編になります。

 

こちらの記事は MARZAさんより記事化に当たって特別な許可を頂いています

この記事を書いてる人

2010年からちゃんと絵を描くことを続けよう!と思い、絵の練習を始めた、茨城県に住んでいる主婦。最近ジェスチャードローイングとストーリーボードに興味を持ち始めた。

>>絵を描き始めてからの経緯

趣味は人物ドローイングとスーツの絵を描くこと。

弱点:清書ができない。

MARZAの企画の方に聞いた「ストーリーボードアーティストになるために!」

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

MARZAの映像編集・企画をされている高橋友和さん、ストーリーアーティストの栗田唯さん

  1. 「ストーリーアーティストってどんな職業?」(前編)
  2. 「どんな勉強をしたらいいの?」(前編)
  3. 「ポートフォリオってどんなものをつくったらいいの?」(前編)
  4. 「ストーリーテストって何?」
  5. 「で、結局どうしたらなれるの?」

についてお話を伺った内容をもとに、記事を書いてまいります。

 

今回は後編!として、

4:ストーリーテストって何?
5:で、結局どうしたらなれるの?

を記事にさせて頂いております。

 

「ストーリーテスト」って何?

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

唯せんせ
「ストーリーアーティストになるために必要なこと」としてわかりやすい話っていうと、「ストーリーテスト」の話になるんですかね
MARZA高橋さん
あーそうね。わかりやすいのはそこかな。
すみません、そのストーリーテストって何ですか…?
サトウ
唯せんせ
かんたんに言うと、ストーリーアーティストとして所属するために「そのスタジオの求めることをストーリーボードで表せるか」見たいなスタジオごとの入門テストみたいなのがあるのよ。

 

ストーリーアーティストになるテスト?

栗田唯さん ストーリーボード

栗田唯さんが以前学生のときに制作されたストーリーボードの一部

MARZA高橋さん
うちのキノさん※が受けたやつとか、アイスクリームテストとかっていってたかな。「アイスクリームをもって行く」というお題を基に、ストーリーボード上で「誰にどこで何をするか」みたいなものをおおよそ決められたボード枚数の中でやるやつなんだけど
唯せんせ
おー。キノさんはアイスクリームだったんですね。僕がDreamWorksで受けたやつは何だったかな。確か「誰かが誰かに何かを持って行く」だったかな。
MARZA高橋さん
お題はまあスタジオに寄るんだけど、結局”ある程度の軽い縛り”のある所から、「何を伝えられるか」ということをはかるテストというか。

※きのさん:MARZAストーリーアーティストの木下さん。

おおよそ決められたボードの枚数って、だいたいどのくらいなんですか?
サトウ
唯せんせ
ほんとこれはスタジオによってだとは思うけど、100~150枚くらいだったかな。
MARZA高橋さん
テストとして判断しやすい、多くもなく少なくもなくというと、そのくらいの枚数になるよね
唯せんせ
TVものだった場合は、アニマティックにした状態で見たいってこともあるかな。TVは一人で全部出来るジェネラリストな部分を求められるところもあるかなあ。

※アニマティック:ストーリーボードのパネルをつなげて映像化させたもの。タイミングを付けるところまでやること。業務上はエディターの方(今日のインタビューだと高橋さん)がやる工程。

MARZA高橋さん
エディターの人がやるタイミングとかもやるってこと?
唯せんせ
TVものだった場合は、ですね。映画の場合…というか僕のまえいたBlizzardではアニマティックまで出来る人がいたんだけど、タイミングというかエディターがやる仕事の部分は止められてましたね。アニマティックまでやりたかったその人はアニメーター出身だったからというのもあったのかもしれないですけど

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

とすると、ストーリーテストで提出する場合は、スタジオさんが求める形式がアニマティックなのか、パネルでなのか、、、というところを確認するってのが大切なんです?
サトウ
唯せんせ
アニマティックまでやるってのは、多分TVだけだとおもっていいんじゃないかな。あでもこれ、ちょっと不確定。
唯せんせ
基本パネルでもいいとは思うけど、やれたほうがいいに越したことはない・・・というか、就活前提のポートフォリオとしてみるということを考えると、アニマティックって結構たいせつかも。構図とか絵だけじゃなくて”お前の映像が見たい”ってところなんやと思う。フィルム。シネマティック。
MARZA高橋さん
クリティーク(講評)をしてもらう前提の提出だった場合は、パネルのほうが見やすいけど、プロが雇う前提の”お前の本気が見たい”っていうときはアニマティックでの提出が見たいってとこ?
唯せんせ
だと思います。スタジオに入ったら、アニマティックまで担当するというのは、基本映画関係だったらないと思うんですけど、雇う前の就職前提の場合は「こいつは映像としてできたとき迄考えてボードをかけるんだろうか」というところを見てるんじゃないかなあ。フィルムが作れているか、カメラワーク、タイミング…まあ、映像におけるストーリーテリングをみたいってとこだとおもいます。
MARZA高橋さん
映像におけるストーリーテリング、描いているものはボードであっても、結果的に見えててほしいのは映像においてのストーリーテリングだもんね。
唯せんせ
キノさんのボードとか見てると、ほんとそのあたり脳内で出来てて分かってるボードかかれてますよね。1枚1枚の絵としてだけ見てるわけじゃないっていう。
めっちゃ深い…
サトウ
唯せんせ
あ、でもまだボードに慣れてない人は、まずストーリーテリング出来るボードをかけるってところから始めるんでいいんやけどね。

 

ストーリーテリングは『はじめ・中・終わり』

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

ストーリーテリング出来るボードを描くために、ストーリーを勉強するためににかおすすめの書籍とかあります?
サトウ
唯せんせ
よく言われるのは、はじめ・中・終わりっていう3幕構成のあれかな。SAVE THE CAT っていう本がある。けどこれねー、僕にストーリーを教えてくれた人は絶対読むなっていうてたなあ(笑
MARZA高橋さん
Save the Catは嫌がる脚本家さん多いですよね。
MARZA高橋さん
三幕構成はシド・フィールドって人が広めたもので、ほとんどの脚本家がベースにしています。ピクサーもドリームワークスも然り。あとは、読んでいない人はいないと言われるロバート・マッキーのSTORYという本は“バイブル”と言われてますね。日本では2〜3年前にようやく翻訳が出ました。
日本では起承転結っていうけど、それと同じような感覚だとおもっていいです?
サトウ
唯せんせ
多分。こればっかりは僕も勉強中だから何とも言えんなー
MARZA高橋さん
マーザのデベロップメントチーム では10年ぐらい前からストーリーテリングにも力を入れていて、今は社内のスタッフが勉強会を開いたりしてるんですよ。
社内勉強会!
サトウ

 

最後まで見てもらえるモノ

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

唯せんせ
べたな話だけど、最後まで見てもらえるモノを作るって大切よね
MARZA高橋さん
これがね、結構ね、大変だと思う
唯せんせ
特にまだやったことがないっていう人からすると、どういうことー?っていうのはあると思うから、こればっかりは、ほかのアーティストの人たちから学んでもらったりするのが遠回りのように見えるけど、近道というか。

 

クエスチョンがないって大事

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

MARZA高橋さん
最後まで見れるものって、簡単に言うと、最後までの中で違和感がないというか、”クエスチョン”が浮かばないってことなんだよね
唯せんせ
あーー!それはそうですね!特にクリティークの場合だと、減点方式になってるから、どこで減点がつくかって、「これは?」ってとまるってところで。ビジュアルストーリーテリングなのに、絵で伝えられない、分からない部分がある、クエスチョンがあるっていうのは、間違いではないけど”何かが機能していない”っていうことなんですよね。
MARZA高橋さん
違和感って簡単につくれるのにね
唯せんせ
ですねー。。違和感って簡単なんですよねー。
違和感は簡単、クエスチョンがない、すべてが機能している必要がある!すごい!
サトウ
唯せんせ
違和感って派手なのよ。自然にさせるほうが大変なのよ~~見つけやすいのよ違和感って。

 

ストーリーアーティストって、結局どうしたらなれるの?

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

捨てる仕事

MARZA高橋さん
どうしたらなれる?っていう前に、ストーリーボードって捨てる仕事ってくらいに思えるほうがいいかも
捨てる仕事!?描いたものを捨てられるようにってことです?
サトウ
唯せんせ
そー。それめっちゃ大事。自分のideaを出して、リジェクトされても”ガーン”っていってる暇ないのよね。じゃあそれがだめなら、次はこれだ!みたいな。そのくらいの勢いで
ほうほう
サトウ
唯せんせ
自分のideaってのは大切なんだけど、結局監督から求められているものに対して、やりたいビジョンがあって、ビジュアライズするのが俺らの仕事だから、自分が描いたものに執着しないでいる必要があるというか。
MARZA高橋さん
監督の意図があって、それでも俺はこれがいいと思う時ってない?
唯せんせ
ありますよー。やっぱり一応こっちもストーリーを専門でやってるプロではありますから、「監督の見せたい意図や、言いたいことわかるけど、フィルムとして成り立たせるためにはこっちが必要!」って場合というか。勝負する場合のときはありますね。
自分のideaでその場合は押すってことです?
サトウ
唯せんせ
そうね~。押すというか…「監督が言ってたのはこっちだとおもうけど、こっちのほうが良いとおもうんだけど!」っていう感じで、監督が求めたものと、俺の提案とのどっちもをピッチするというか。ある意味俺を出すっていうより、ストーリーアーティストという立場からの提案というか。
MARZA高橋さん
監督にいわれるままにやるっていうわけじゃなくて、一緒に作っていくための柔軟性が大切ってことだよね。

 

打たれ強い人

MARZA高橋さん
ってことをやっていくとなると、打たれづよい人っていうのはストーリーアーティストには必須な条件といってもいいかもしれないなあ。
唯せんせ
打たれづよさ大事だと思います。時間をかければかけるほど手放せなくなるのはわかるだけに、もうほんとユキヲさんが言うように柔軟性ってとこなんでしょうね。

※ 何故か高橋さんは皆さんから「ユキヲさん」と呼ばれています。ナゾ。高橋さんの下の名前は友和さんです。

MARZA高橋さん
最初から捨てるつもりの気持ちで、とはいったけど、だからといって最初から「捨てられる前提のideaを出す」っていうわけじゃないからねえ
唯せんせ
こればっかりは、実際にトライしてもらって、あきらめずに自分のideaどんどん出して言ってもらいたいですね!
MARZA高橋さん
1つだけのideaに縛られないってところで。
唯せんせ
ストーリーアーティストってある意味、たくさんの良いアイディアを出して”監督を困らせる”職種ですしね。

 

アニメーターが ストーリーアーティストにあっている理由

ちょっと話脱線しちゃいますけど、以前何処かのタイミングで「ストーリーアーティストに一番近い、日本での職種は、”2Dアニメーター”というお話をしてくださったおぼえがあるんですが、その理由をお聴きしてもいいですか?
サトウ
MARZA高橋さん
実は、日本ではストーリーアーティストという仕事が無い中、人材を発掘するときに思いあたったのが2Dアニメーターだったんです。
MARZA高橋さん
止め絵で成立するイラストレーターと違って、映像になる絵が描けるという…動きの基礎が有って、量が描けて、手が早い。ストーリーリール(アニマティック)ってセルアニメでいう原撮に近いんです。
唯せんせ
例えば、じっくり絵を描けるタイプより、絵を量を出せる人のほうがストーリーアーティストの仕事に近いというか。もちろん2Dアニメーターさんじゃなくても、ラフでどんどんアイディアを描いていくのが好き!っていう人にはあってると思うなあ

 

 

具体的に言うといま現在募集してるのはどこのスタジオ?

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

では、上記の条件をクリアしている方が、ポートフォリオをもっていくとしたら、日本のスタジオだとどこがストーリーアーティスト募集されてるんでしょう…?
サトウ
唯せんせ
はい、ユキヲさん
MARZA高橋さん
MARZAでは未経験者のストーリーアーティストの募集は終了しています。なお、ストーリーボードゼミでは、ポートフォリオを持ってきてくれる人を待ってます。
唯せんせ
どっちにしても、MARZAではストーリーボードという文化を業界に広めていきたいなーっていう感じではありますよね
MARZA高橋さん
徐々に他のスタジオでも、ストーリーボードが広まっていくんではないかなーとは思います。ただ、すぐにでも始めたい人は海外のスタジオを目指した方が早い…かなあ。
…MARZAストーリーボードゼミに来てね!ってことで
サトウ
唯せんせ
無理くりやなあ!
MARZA高橋さん
ここまでストーリーアーティストの話して、日本のスタジオでは僕の知る限り募集してるところしらないって結末であれですけど!ゼミ来てください~!2回目があるといいな。
MARZAストーリーボードゼミ2回目、楽しみにしておりますね^^
サトウ

 

MARZA高橋さん 栗田唯さん ストーリーボードアーティストになるために

以上、MARZA高橋さん、ストーリーボードアーティスト栗田唯さんのインタビュー記事でした。

何か、参考にしていただけたら幸いです~。

高橋さん、栗田さん、お時間を下さいまして本当にありがとうございましたー!

MARZA高橋さんと栗田唯さん

 







投稿表示一括

運営者プロフィール

佐藤(Twitter:砂糖ふくろう)

1982年1月18日生まれ 戌年 やぎ座 O型  好きな食べ物は、アボカドとIKEAのスモークサーモンとクルミ柚餅子です。好きなことは、スーツ男性資料を眺める事です。

メルマガ発行してます。

ブログ更新時、ニュースレター発行時にご連絡、メルマガ限定のSUITS LETTERをお送りしています。

登録は無料ですので「もっとSUITS LETTERほしい~!」という方も合わせてご参加いただければと思いますm(__)m

よく読んで頂いている記事



佐藤のお絵描き情報

よく読まれている記事

【画力上達】たった5分の積み重ねが、確実に画力の底上げに!意味有る5分の積み重ねをさせてくれるオススメ教本3冊 1

見たものや想像したものを描きやすくなる 色々な書籍を見て、読んで、実践して、深く感じたことは 「単純な図形を思った通りに描けるようになると、 ...

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊 2

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

【画力上達の本】服のしわ攻略はこれ1冊でOK!オススメのしわ教本 3

最近、色々な人から「しわってどうやって描いたらいいですか?」ときかれるようになりました。 そのたびに、「人を描くのって楽しいね 衣服編」をご ...

【画力上達】まずは人体を全身描けるようになりたい!なら迷わずこの書籍!オススメ2冊 4

ルーミス先生ってやさしいってかいてあってもめちゃ難しいし厳しくないですか? 前回、「服のしわ攻略ならこの1冊!」をご紹介させていただいた際に ...

風景デッサンの基本 レビュー 5

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

-インタビュー, ストーリーボード

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.