ストーリーボードアーティストになるためにはどんな勉強をしたらいいの?栗田唯さんMARZA高橋さん




インタビュー ストーリーボード

ストーリーボードアーティストになるためにはどうしたらいいの?MARZA高橋さん、ストーリーアーティスト栗田さんに聞いてみた!【前編】

投稿日:2018年6月14日 更新日:

CGWORLDさん主催、栗田唯さん講師の「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」のセミナー受講以来

ストーリーボードセミナー
【ストーリーボードセミナー レポ】「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」を受講してきました~!

2018年5月11日、CGWORLD(+ONE Knowledge)さん主催の「ストーリーボードのプロセスから学ぶ・画作りの秘訣」ストーリー ...

続きを見る

ストーリーボードアーティストという職業に興味をもちました!

…という方いらっしゃるんじゃないかなーとおもいつつ、この記事を書きました。

  • ストーリーボードというものに興味がある
  • ストーリーアーティストになりたい!
  • 絵を描く職業の種類をもっと知りたい!

という方に読んで頂けたら嬉しいです。

 

この記事を書いてる人

2010年からちゃんと絵を描くことを続けよう!と思い、絵の練習を始めた、茨城県に住んでいる主婦。最近ジェスチャードローイングとストーリーボードに興味を持ち始めた。

>>絵を描き始めてからの経緯

趣味は人物ドローイングとスーツの絵を描くこと。

弱点:清書ができない。

特技:スーツしわ解説。

MARZAの企画の方に聞いた「ストーリーボードアーティストになるために!」

MARZAの映像編集・企画をされている高橋友和さん、ストーリーアーティストの栗田唯さんに

  1. 「ストーリーアーティストってどんな職業?」
  2. 「どんな勉強をしたらいいの?」
  3. 「ポートフォリオってどんなものをつくったらいいの?」
  4. 「ストーリーテストって何?」
  5. 「で、結局どうしたらなれるの?」

についてお話を伺った内容をもとに、記事を書いてまいります。

今回はその前編!として、

3:ポートフォリオってどんなものをつくったらいいの?

までを記事にさせて頂いております。

 

急なお願いにもかかわらず、快諾をしてくださった高橋さん、栗田さんには心からの感謝をm(__)m

ストーリーボードアーティストになるために。MARZA高橋さん 渋谷駅近くの居酒屋さん 【完全個室完備の港】

おいしいお酒とご飯をのみ食べしつつ。(渋谷駅近くの居酒屋:完全個室完備の港さんにて)

 

ストーリーアーティストってどんな職業?

ストーリーボードアーティストってどんな職業?MARZA高橋さん

MARZA高橋さん

ストーリーアーティスト(ストーリーボードアーティスト)は名前の通り、ストーリーボードを描くお仕事をする人たちのこと。

監督から投げられた「こういうのやりたい!」というアイディアのタネを、チーム内のストーリーアーティストが大喜利をするような感覚で

「じゃあこんな感じどう!?」「だったらこんな感じもよくない?!」「おっけーだったらこういう案もあるよね!」

と、ビジュアルだけでストーリーを伝えるストーリーボードを描き、ブレインストーミングのような感じで、ひたすらアイディアを出しまくって監督を「困らせる」お仕事なのだそうです。

監督は「どのアイディアを採用するかを決める」お仕事。

ストーリーアーティストは「監督に喜んでもらえるビジュアルストーリーテリングをする」お仕事

なのだそうです!

※ビジュアルストーリーテリング:ストーリーや伝えたいものを見る相手(ターゲット)に画だけでしっかりと伝える事。

 

絵コンテとどう違うの?

2Dアニメーションの絵コンテと大きく違うところは、やはり「文字による説明」がないことでしょうか。

全てビジュアルのみで伝えるという「非言語」のコミュニケーション。

この場に2Dアニメーションで絵コンテを切っている方が実際にいなかったのが残念><

もっと詳しくどう違うのか、それぞれの良さ!などを聞きたかったところです…!

 

>>ストーリーボードってこんな感じのもの

 

ストーリーボード、どんな勉強をしたらいいの?

ストーリーボードアーティストになるため 栗田唯せんせ

ストーリーアーティスト栗田唯さん

ストーリーボードが描けるようになるための6つの勉強

では「ビジュアルのみで伝える」ような、ストーリーボードを描けるようになる勉強法として

栗田唯さんが学んできた6つの勉強法を教えてもらいました。

  1. フィルムスタディー
  2. ジェスチャードローイング
  3. カフェスケッチ
  4. 風景スケッチ(パースとか構図、レイアウトの勉強)
  5. カフェスケッチ風景込み
  6. ワンワードアサインメント

ジェスチャードローイングやカフェスケッチについては、唯せんせがTwitterなどでよくお話をされているので、こちらは説明を割愛m(__)m

 

フィルムスタディーについて

ストーリーボードを勉強するための方法:フィルムスタディー

栗田唯さんのフィルムスタディ:アリス

既存の映画をサムネイルの大きさでコピーしていく勉強のことだそうです。

構図、レンズを学びつつ、出来るのであれば「4つのバリュー」を利用した「シルエットの勉強」も一緒にできるとなおよい!とのことです。

※4つのバリュー:白、薄い灰色、濃い灰色、黒の4色のこと

>> 栗田唯さんのフィルムスタディーサンプル
>> フリーランス ストーリーアーティスト Ian Abando氏のフィルムスタディー1
>> フリーランス ストーリーアーティスト Ian Abando氏のフィルムスタディー2
>> フリーランス ストーリーアーティスト Ian Abando氏のフィルムスタディー3

 

ワンワードアサインメントについて

ストーリーボードを勉強するための方法:ワンワードアサインメント

簡単に言うと一言何かお題を出されて好きなように演出するもの。

このワンワードアサインメントというものが、ストーリーボードの核となるような「考え方」「アイディア出し」の元になるスタディになるとか。

>> 栗田唯さんのワンワードアサインメントサンプル

 

勉強法については、ざっくり言うとこんな感じでしたが、さらなる詳細については‥‥

唯せんせ
僕のセミナーに来てもらったらいいんやけど…(笑)
MARZA高橋さん
MARZAのストーリーボードゼミも是非‥‥(笑)

そんなわけですので、皆様ぜひ^q^

 

ポートフォリオってどんなものを作ったらいいの?

ストーリーボードアーティストになるため

じゃあ、そんな勉強をした後!ストーリーボードアーティストを目指す人が作るべきポートフォリオってどんな感じなんでしょう?という質問をさせて頂きました。

MARZA高橋さん
一番いいのはGoogleで「Storyboad artist Portfolio」とかで検索をして、ほかの人たちがどんなポートフォリオを作ってるのかを見るのがいいかも。
唯せんせ
沢山ありますしね。
MARZA高橋さん
あとスタジオによっても”どんな人がほしいか”みたいな特性とかがあるから「行くスタジオ」を意識するってのは大事かなぁ
唯せんせ
出来のいいものを作っても、ピクサーに入りたいのにバイオレンス系のストーリーボードやスケッチが多かったら、「違うよね」っていう奴ですよね
MARZA高橋さん
そうそう

 

なるほど‥‥!

ということは

  1. まずは行きたいスタジオを仮にでも設定する。
  2. そのスタジオを目指しているor所属している方のポートフォリオを見て研究する

といった感じの様でした。

日本では2018年現在、MARZAさんのみがストーリーアーティストを専属で採用という形のようですので、検索をする場合は英語での検索が必須ですね~。

Storyboad Artist Portfolio + スタジオ名

このあたりの検索キーワードがよさそうです。

 

そんなわけで、続きは後編にて!

色々なお話をお聞かせいただいたこともあって、かなり内容にボリュームが!

後ほどまた後編という形で、ストーリーテスト、じゃあどうしたらストーリーアーティストになれるの?のあたりをお伝えさせていただこうと思います。

高橋さんからお話をお伺いしたアイスクリームテスト、唯せんせからお話をお聞きしたストーリーテストの話が早く描きたいです!わー!

 

また、ストーリーアーティストになるための~以外でも、MARZA高橋さんから日本にストーリーボードを広めるために、今現在どういった活動をされているのか、という話もお聞かせいただいたので、

番外編としてお話お伝えさせていただこうと思います!

 

いや~~~~~~~興味を持っていることに対して、プロからお話を聞けるってめっちゃ楽しいです。

ご縁をくださった方々に、心からの感謝を込めて。

 







投稿表示一括

運営者プロフィール

佐藤(Twitter:砂糖ふくろう)

1982年1月18日生まれ 戌年 やぎ座 O型  好きな食べ物は、アボカドとIKEAのスモークサーモンとクルミ柚餅子です。好きなことは、スーツ男性資料を眺める事です。

メルマガ発行してます。

ブログ更新時、ニュースレター発行時にご連絡、メルマガ限定のSUITS LETTERをお送りしています。

登録は無料ですので「もっとSUITS LETTERほしい~!」という方も合わせてご参加いただければと思いますm(__)m

よく読んで頂いている記事



佐藤のお絵描き情報

よく読まれている記事

【画力上達】たった5分の積み重ねが、確実に画力の底上げに!意味有る5分の積み重ねをさせてくれるオススメ教本3冊 1

見たものや想像したものを描きやすくなる 色々な書籍を見て、読んで、実践して、深く感じたことは 「単純な図形を思った通りに描けるようになると、 ...

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊 2

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

【画力上達の本】服のしわ攻略はこれ1冊でOK!オススメのしわ教本 3

最近、色々な人から「しわってどうやって描いたらいいですか?」ときかれるようになりました。 そのたびに、「人を描くのって楽しいね 衣服編」をご ...

【画力上達】まずは人体を全身描けるようになりたい!なら迷わずこの書籍!オススメ2冊 4

ルーミス先生ってやさしいってかいてあってもめちゃ難しいし厳しくないですか? 前回、「服のしわ攻略ならこの1冊!」をご紹介させていただいた際に ...

風景デッサンの基本 レビュー 5

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

-インタビュー, ストーリーボード

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.