モルフォ人体デッサン 箱と円筒で描く 感想レビュー




本の紹介 絵を描く教本

【画力上達】箱と円筒を使えば、人体が自由自在に描き分けられる!モルフォの人体デッサン「箱と円筒で描く」レビュー

投稿日:

モルフォ人体デッサン 箱と円筒で描く はこんな方にオススメ!

  • 人体を簡易的な素体で「全身」描けるようになってきた。
  • ヒトカク、やさしい人物画などである程度人体を把握できてきた
  • アナトミーを勉強したいなーとおもいはじめてきた
  • けれども、本格的なアナトミー書籍に手を伸ばすのはちょっとハードルが高い

こんな方にオススメな書籍です。

 

モルフォ人体デッサン 箱と円筒で描くはこんな感じの本

モルフォ人体デッサン 箱と円筒で描く 感想レビュー

持ち運びしやすい厚さと大きさ

外出時に持ち運び…というのはあまり想像が出来ないのですが(外出先でアナトミー!やりたい!という状況は想像できないさとう)それだけ手軽に運べるサイズというだけあって、小脇に置いておいて、さっと見るというのには本当にうってつけです。

左に大きさ比較として、私の好きな漫画「ヴラド・ドラクラ」を置いてみました。

手に取りやすい価格帯

なにより嬉しいのは、アナトミー関連書籍としてはとても手に取りやすい 税抜き1200円!

小さい、けど内容はしっかり!

小さくまとまっていはいますが、かといって内容が「薄い」わけではありません。

むしろ、今まで手に届かなかった、痒い所に手が届くような内容構成になっています。

  • 腰回りと太もも(大腿骨あたり)の関係
  • 手の構造について
  • 背中側の入り組んだ筋骨格関連

その他いろいろ、「そう!ここがほしかった!」という部分に焦点を当てて図解たっぷりに収録をしてくれています。

その他の感想レビューは動画にて(12分)

 

まとめ

人を描くのって楽しいね、優しい人物画などで、簡易的な素体をもとに人体を構成し全身を描くことに慣れてきた方がアナトミーを勉強する第一歩としてこちらの書籍をオススメします。

  • マイケルハンプトン「人体の描き方」
  • スカルプターのための美術解剖学
  • 目で覚える美術解剖学

こういったしっかりとしたアナトミー書籍はまだちょっとハードルが高い…!という方にはうってつけの書籍になるのではないかと思います^v^

是非手に取って、実際に中身をご覧になっていただければ幸いです!







投稿表示一括

運営者プロフィール

佐藤(Twitter:砂糖ふくろう)

1982年1月18日生まれ 戌年 やぎ座 O型  好きな食べ物は、アボカドとIKEAのスモークサーモンとクルミ柚餅子です。好きなことは、スーツ男性資料を眺める事です。

メルマガ発行してます。

ブログ更新時、ニュースレター発行時にご連絡、メルマガ限定のSUITS LETTERをお送りしています。

登録は無料ですので「もっとSUITS LETTERほしい~!」という方も合わせてご参加いただければと思いますm(__)m

よく読んで頂いている記事



佐藤のお絵描き情報

よく読まれている記事

【画力上達】たった5分の積み重ねが、確実に画力の底上げに!意味有る5分の積み重ねをさせてくれるオススメ教本3冊 1

見たものや想像したものを描きやすくなる 色々な書籍を見て、読んで、実践して、深く感じたことは 「単純な図形を思った通りに描けるようになると、 ...

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊 2

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

【画力上達の本】服のしわ攻略はこれ1冊でOK!オススメのしわ教本 3

最近、色々な人から「しわってどうやって描いたらいいですか?」ときかれるようになりました。 そのたびに、「人を描くのって楽しいね 衣服編」をご ...

【画力上達】まずは人体を全身描けるようになりたい!なら迷わずこの書籍!オススメ2冊 4

ルーミス先生ってやさしいってかいてあってもめちゃ難しいし厳しくないですか? 前回、「服のしわ攻略ならこの1冊!」をご紹介させていただいた際に ...

風景デッサンの基本 レビュー 5

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

-本の紹介, 絵を描く教本

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.