ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

ルーミス日記 雑記

【練習103日目】一度でもそれが正しいと検討をつけてしまったら、過ちを不可避的になんどもくりかえす|ぼくのルーミス日記

投稿日:2017年4月20日 更新日:

絵を練習していて今日気がが付いたこと

昨日の練習で、あらためて私は「顔が把握できていない」ことに気が付いたので

【練習102日目】顔の描き方練習|ぼくのルーミス日記

絵を練習していて今日気がが付いたこと このところ、かくかくした線ばかりを描いていたので、曲線を意識し ...

続きを見る

久しぶりにルーミス先生の「やさしい顔と手の描き方」を開いて顔の構成を把握するところから始めることにしました。

 

絵の練習記録

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

ぼくのルーミス日記 絵がうまくなりために 練習

文章を読みつつでないと、ルーミス先生の書籍は特に図の把握・理解がしにくいので18Pあたりから読み進めていったところ、とても図星で痛くなる文章が…

以下一部引用いたします。

 

君がどれだけ多く描いた経験があろうと、また非常に習熟していようと、あるいは目が訓練されていようと、常に頭部を正確に組み立てるところから始めなくてはいけない。それはどんなに熟練した大工でも、板を切る前には必ず寸法を測るのとおなじことである。

顔と頭を組み立てることは、各点の測量を確定することから始まる。ほかのどんな方法でも、賭け事に近いあて推量の仕事に必ずなってしまう。

一度でもそれが正しいと見当をつけてしまったら、過ちを不可避的に何度も犯すことになる。

引用 やさしい顔と手の描き方

下手な鉄砲かずうちゃ当たる、は絵をうまくなりたいと思うことには適用しないほうがいいとはよく見聞きしていましたが、ルーミス先生のこのように言葉にしていただけると、冷や汗かきつつ過去を思い返してしまいますね…。

「線一本 意図をもって描いたら 線一本分うまくなるよ」

という言葉はつまり「意図を持たず、あて推量で”まあいいか”と書いた線は、まあいいかという積み重ねをしてしまう」こととも言えるわけですね。

以前、アニメ私塾の室井さんが「絵は覚え芸」と動画配信でいってらっしゃったのですが「あて推量で適当な線、絵を描いたものを手が覚えてしまう」ということにもなりそうです。

当面は、顔の構成を把握することを重点的に、練習をしていきたいと思います。理想のスーツ男性を描けるようになるためにも顔、大事ですもんね!

ルーミス日記
「線一本 意図をもって描いたら 線一本分うまくなるよ」 |ぼくのルーミス日記【番外】

本日は久しぶりに電車移動だったのでグリーンにのりこみ、電車の移動中にスーツ男性観察させてもらいつつ練 ...

続きを見る

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

 

今日練習に使ったポーズ集/教本

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記, 雑記
-, , , , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.