アニメーションエイド ドローイングクラス体験レポ 入門編




アニメーションエイド クラス受講日記 ドローイング会など

【アニメーションエイド受講日記】ジェスチャードローイング 入門編2日目:ヌードデッサン1 簡単なアナトミー

投稿日:2018年2月18日 更新日:

ジェスチャードローイング 入門編第2週目

かねてからずっとずっと受講をしたかったオンラインスクール、アニメーションエイドのジェスチャードローイング入門編クラスのレポートです。

早くも第2週!

今週は「簡単なアナトミー」を学ぶ です。

なぜ「簡単」なアナトミーを学ぶ必要性があるのか、というところも触れてくださいました。

 

こちらの記事は

  • AnimationAidのジェスチャードローイング入門編検討されている方
  • ジェスチャードローイングとアナトミーとの共存方法を模索している
  • ジェスチャードローイングってどう活用したらいいの?

そんな方々に参考にしてもらえたら嬉しいです。

授業だけでも濃い内容に触れさせてもらえて、さらに提出課題でお話をいただいた内容を反芻しつつとりくみ、またその提出課題に対してフィードバックをしてもらえるという、絵に向き合う時間と質があがりました。たのしー!けど追いつかない^q^

 

受講日記 ログ

第0週目:受講前準備、提出課題など

第1週目:描く前に必要なこと、リズム&フロー

第2週目:ヌードデッサン1 簡単なアナトミー(この記事です)

第3週目:ヌードデッサン2 立体感のある絵

第4週目:衣服デッサン1 シワの基本

第5週目:衣服デッサン2 カフェスケッチ

第6週目:テーマを用いたドローイング

第7週目:課題フィードバックのみ

 

この記事を書いてる人

2010年からちゃんと絵を描くことを続けよう!と思い、絵の練習を始めました。

>>絵を描き始めてからの経緯

趣味は人物ドローイングとスーツの絵を描くこと。

弱点:清書ができない

 

講義の流れと内容

  1. 受講生提出課題へのフィードバック(リズムアンドフロー)
  2. 「簡単なアナトミー」を学ぶ講座
  3. 次週の課題

1:受講生提出課題へのフィードバック

入門編では、ひたすらじっくり人体のジェスチャーを見つける事、描くことをやっていきます。

なので、今回もヌードポーズのジェスチャードローイングです。

先週だされた課題をもとに各受講生へ、前回の受講内容「リズムアンドフロー」のフィードバックを行ってくださいました。

先週の課題 同じポーズを1分、3分、5分とやって「ジェスチャーを見つける」「ジェスチャーを殺さないように、時間ごとに許される限り情報をおおくしていく」

 

2:フィードバックと同時進行で「リズムアンドフロー」「簡単なアナトミー」を学ぶ講座

今週は先週以上にフィードバックの時間を多くとってくださっていたのですが、かといって「簡単なアナトミー」座学に当たる部分がすくないかというと、そうでありませんでした!

先週のテーマであった「リズムアンドフロー」をもとに今週のテーマ「簡単なアナトミー」を織り交ぜながら、受講生から提出された課題へのフィードバックをしてくださいました。

そんな構成でもあってか、課題に対してのフィードバックを受けながら、前回のおさらい、そして今週の「ジェスチャードローイング アナトミー講座」となるので、単なる座学と違い「なるほど!」の腑に落ちる感覚がとても気持ちが良かったです。

 

頂いたポイント

  1. アナトミーを意識しつつ、ジェスチャーを残すためにはどうしたらいいか?
  2. リファレンスそのままを描くのではなく「もっとよくするためには?」の意識
  3. リズムアンドフローでプッシュをしてもプロポーションが崩れないためには
  4. 「なんとなくおかしく見える…」には必ず理由がある!
  5. 大きく考えていく
  6. 最初の内は「簡易なポーズ」でジェスチャードローイングに慣れる
  7. プロポーションを見失わないために、間接ごとに心のドットを打っていく
  8. 「パンツをはかせる」で考える
  9. ちゃんと立たせる!フットスタンプを意識する
  10. 自分の「描きやすい!」とおもう道具を見つけていくことも一つの勉強
  11. 凄い!とおもうアーティストを見ることも大切
  12. ぼくたちは「もっと良くさせるために!」というコックさん

他にもいろいろあるのですが、書き出したらきりがないので、ポイントとなって説明をしてくださったものを箇条書きにしてみました。

 

特に、

唯せんせ
最初の内は、わかりやすいリファレンス(参考ポーズ)をもとに「ジェスチャードローイングに慣れる」でいいよ!

というお話は、大変ありがたかったです。

授業で教えてもらったポイントをしっかり身に着けていくためにも、まず最初のうちは「難しいポーズ」を避けてもよいとのことでした!

有難いお言葉…やさしいところからはじめていいのだ。

唯せんせ
「簡易なポーズ」でしっかりとポイントポイント学んで行きましょう!

繰り返し、反復、やっぱり大切ですね^v^

 

3:次週の課題

唯せんせ
アナトミーを意識して、ジェスチャードローイングをする
唯せんせ
同じポーズの1分、3分、5分を5~10セット。

うぃっす!

今日頂いた先生からのフィードバック「なるほどそれか!」をさっそく形にしてみたいと思います(n*´ω`*n)

 

第2週目の感想

 先週もめちゃ濃かったけど 今週はさらにすごかった!

びっくりするほどの情報量と一緒に参加されている方々の課題へドローオーバー、解説、改善のコツ、見るところなど

本当に細かに教えてくださるので、「それが聞きたかった…」が満載でした。めちゃたのしかった…!

 

7週間後いきなりうまくなる!わけではないと言っていたけど…

唯せんせい「7週間後にすごい上手くなるってわけじゃないです」って言ってたんですけど、2週目にしてどの方も「魅せる」ポイントとか「決めてくる」っていう絵に変化があって すごい…!

唯先生のほめるところも、こうしたほうがいいよというところも、本当に的確で「あ~~~! そういうことか!」感がすごい。

 

参加されてる方々の「質問の内容」がすごい本質的

あと、参加されてる方々の「質問の内容」がすごい本質的!なことをされていて、自分では思いつかないような「それ~~~!!!!ききたかった~~~!!」を唯せんせいから引き出してくださるの本当にありがたい><

他の方々の質問も一緒に聞けるというのは、マンツーマン指導では得ることが出来ない少人数制ならではのお得感だなーと思いました。

 

一緒に参加してくださってる方の熱意とかもすごい伝わってくる

みなさん こうやったらいいかな?ああやったらいいかな?をすごい試行錯誤されていて、それを見たり聞いたりするのは本当に楽しい!

同じポーズを何度も何度もかい、て試行錯誤されるあのモチベーションと集中力って、みんなどこからくるの…?という素朴な疑問。

同じポーズずっと描き続ける、どうしたらいいんだろう!?を考え続けるの辛すぎて辛すぎたこともあって、今回の課題気合抜けてたなと反省です。みょーん。

 

気楽にとりくも!

なんか いかに自分が 肩ひじ張って絵を描いたり勉強してしまっていたりするのか実感できるなー。 気楽にとりくむことに緊張してる みたいな感じ。なんだそりゃ。

授業自体が楽しくて楽しくて仕方ないから自然ともっと描きたい!もっと練習したい!やるやる!みたいな感覚になってくるから、絵が上手くなりたい~という気持ちがちょっとでもあるひとは 唯せんせのクラス受けたら楽しくなると思う!もうもう。

 

こうじゃなきゃいけないからの脱却

知らなかったことを知るというだけでも ワクワクするのに 今まで自分を縛っていたような観念を「そういうのもあるよね、でもほかにもこんなこともあるよ!」って手を差し伸べてくれる感じ最高にうれしい!

 

フォローアップが丁寧すぎやしませんか!?パート2

先週もお伝えしましたが、フォローアップがすごい丁寧!

授業内でのフィードバックが丁寧なだけでなく、早めに提出課題を提出したり、メールで「先にここ教えて欲しいです」とつたえると、とてつもない質量でお返事がきます。すごい。

ストーリーボードの仕事をしつつ、ワークショップの開催をしつつ(月2回くらい)、毎週の授業をおこないつつ、授業後のフィードバックをしつつ、北質問にこたえつつ、参考になるようなアーティスト紹介をするための資料をあつめつつ…

唯せんせのパワフルさがやばいです。

 

「なるほど、そういうことか」腑に落ちる感覚がすごい

教本で独学で勉強することとの何よりもの違いは、自分が提出した課題にたいして「ここ、もうちょっとこうだと、出したかったラインがもっとこう表現されるよ」と教えてもらえる事。

何より「これは特にどこのライン強調したかった?」といった「こちら側の意図」ありきで、説明をしてくれるので、なおのこと「なるほど!」感がすごい!

先生サイドの「これはこうだよ」という押しつけではなく、「自分が表現したいもの」に対してのサポートをしてくれる、教え導いてくれる感じがとてもうれしいです。

 

唯せんせご自身が楽しんでるので、こちらもつられてもっと楽しくなる!

さらに楽しいなと思うところが、唯せんせご自身が、参考にしたポーズ写真を見たり、受講生の提出した課題を見て湧き上がってきたインスピレーションも、その場で説明してくれたり表現してくれること。

唯せんせ
ちなみに僕は、これこのラインが印象的に残ったなー!ってことでちょっと描いちゃうね!描かせて!

みたいな感じで、ノリノリで描いてくださいます。

 

授業外のメールや質問はウェルカム!僕を信じて!

その場で先生的にうまくいかなかったなーとおもったときは

唯せんせ
んんんんん!くやしい!ちょっとごめんこれ、持ち帰って描かせて!いい?

と、授業外で描いたものを見せてくれるというありがたさ…!

若干、唯せんせいが燃え尽きてしまうんじゃないかとそわそわしていたんですが

唯せんせ
授業外での”先生おしえて”はめっちゃうれしい!から、僕を喜ばすつもりでガンガンメールちょうだい!

と言ってらっしゃったので、パワフルさすごいです…!

 

まとめ

残り5週か~ 。

5週間後の自分に期待しちゃえるような心持になれるっていいなー いいなー! ってことで。善は急げなので本日の課題ちょっとやってこようと思います。

 

サトウ
めちゃたのしかった。

以上 第2週目のレポートでした。







投稿表示一括

運営者プロフィール

佐藤(Twitter:砂糖ふくろう)

1982年1月18日生まれ 戌年 やぎ座 O型  好きな食べ物は、アボカドとIKEAのスモークサーモンとクルミ柚餅子です。好きなことは、スーツ男性資料を眺める事です。

メルマガ発行してます。

ブログ更新時、ニュースレター発行時にご連絡、メルマガ限定のSUITS LETTERをお送りしています。

登録は無料ですので「もっとSUITS LETTERほしい~!」という方も合わせてご参加いただければと思いますm(__)m

よく読んで頂いている記事



佐藤のお絵描き情報

よく読まれている記事

【画力上達】たった5分の積み重ねが、確実に画力の底上げに!意味有る5分の積み重ねをさせてくれるオススメ教本3冊 1

見たものや想像したものを描きやすくなる 色々な書籍を見て、読んで、実践して、深く感じたことは 「単純な図形を思った通りに描けるようになると、 ...

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊 2

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

【画力上達の本】服のしわ攻略はこれ1冊でOK!オススメのしわ教本 3

最近、色々な人から「しわってどうやって描いたらいいですか?」ときかれるようになりました。 そのたびに、「人を描くのって楽しいね 衣服編」をご ...

【画力上達】まずは人体を全身描けるようになりたい!なら迷わずこの書籍!オススメ2冊 4

ルーミス先生ってやさしいってかいてあってもめちゃ難しいし厳しくないですか? 前回、「服のしわ攻略ならこの1冊!」をご紹介させていただいた際に ...

風景デッサンの基本 レビュー 5

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

-アニメーションエイド クラス受講日記, ドローイング会など

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.