リズムとフォース 書籍レビュー

ルーミス日記 雑記

【リズムとフォース】しなやかな筋肉の流れが把握できる資料・教本|ぼくのルーミス日記

投稿日:2015年9月12日 更新日:

こんな絵を描く教本があったらいいのに!が出版されます

  • しっかりした骨格と、しっかりした筋肉が描きたい
  • でも今手元にある資料はみな静的な資料ばかり
  • 筋肉の持つあのしなやかさが分かるような資料がほしい

と思っていたら、ボーンデジタルさんからとても素敵な発行予定の書籍を見つけました。

 

リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方

リズムとフォース

 

この書籍はまだ未発売で、来月10月に発行されるようです。

  • 画面のリズムはどこに流れていて
  • どこがねじれがあって
  • 躍動感ある動きを描くためには

というのが分かりそうな予感で、今から発売がとても楽しみ!

 

著者:マイケルマテジ先生

中身はどんな感じのものなのだろうとさっそく、マイケルマテジ先生の英語表記:Michael Mattesi(著者名)で検索してみました

▼画像検索結果スクショ

マイケルマテジ 検索結果

筋肉の質量、たわみ、しなり、力強さ、しなやかさ、どれをとっても美しいライン、目をひくラインばかり!表紙の時点ですでに、期待が高まっているところに、さらに内容がこのようなかたちで収録されている可能性があるのかとおもうと、ワクワクがとまりません!

発行予定と聞いただけでも興奮冷めやらぬじょうたいになってしまったので(本当にこのような書籍を待ち望んでいたのです)画像検索結果から気持ちの良さそうなラインをとっているものを模写してみました。

マイケルマテジ 模写

模写をして書いただけでも気持ちがいいです!

模写をしていて感じたのは、自分の描く線はストーリーに乏しく、しなやかさ、柔軟さの不足したものなのだということです。しかし、来月この書籍がてにはいることで、きっとこの部分を補う練習のともになってくれることと思います。今から本当に楽しみです。

リズムとフォースの日本語訳版を発行してくださって、本当にありがとうございます。

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

 

今日ご紹介した書籍

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記, 雑記
-, , , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.