本の紹介 絵を描く教本

【画力上達の本】想像から自分の理想を描けるようになるための12のレッスン

投稿日:2017年11月23日 更新日:

想像から自分の理想をしっかりと描けるようになるドローイングの12レッスン

ドローイングを教えたら世界一。

数々のレジェンドを育て、今なお現役でディズニーやドリームワークスをはじめとした大手アニメーションスタジオで講義を行い世界各国を飛び回る巨匠、グレン・ビルプ先生の書籍

グレンビルプのドローイングマニュアルのご紹介をしようと思います。

 

ドローイングマニュアルはこんな人にオススメ

  • 確実に人体を描くためのスキルアップをしたい方
  • どんな練習をしていったらいいかわからない方
  • 練習方法はいろいろやってきたけど、どの順序でやったらいいかわからない方
  • 自分の想像を、しっかりと形に起こしたい方
  • ドローイング会参加のまえに、勉強をしておきたいという方

 

「各ステップを細かく分けると、不可能が可能になります」

自分の想像、理想を思い通りに描けるようになんて、想像がなかなかできないですよね。

でもそれはどうやら”不可能なように見える”だけで、不可能なわけではない、ということのようです。

ビルプ先生は、本書にて「各ステップを細かく分けると、不可能が可能になります」とおっしゃっています。

 

不可能が可能になる、12のステップ

その細かく分けられたステップというものを、ビルプ先生が豊富な事例、サンプルとともにご紹介くださっています。

さすが数々のアニメーションスタジオで教鞭をとられ、レジェンドといわれる方々を育成されてきただけあって「おそらくここで躓くだろう」とされるような部分にもすかさず先回りするように、文章で声掛けをしていってくれます。

なにより嬉しい声掛けは「技術的な面」「テクニック」においての部分だけでなく「精神面」に対しての声掛けが多数あるということです。

やり進めていくうちに、視野が狭くなりやすい生徒の感情や心境をきっとご存じなんですね!

 

アナトミー(人体解剖学)についても簡易的な図形を使ってより分かりやすく、より実践的に

アナトミーについても、ランドマーク(目印となるもの)をもとによりわかりやすく把握でき、より実践的に使えるテクニックが紹介されています。

もちろんこちらのアナトミーについても、先ほどお伝えした12のステップの段階に沿っての掲載なので、慌てることなく手を付けることが出来ます。

 

実際の紙面はこんな感じです

やはりボリュームの基本とされている四角や丸、円柱といった基礎的なモノから始まり、少しずつアナトミーの複雑な形状へとステップを踏んで進んでいけます。

文章ひとつひとつも、生徒に語り掛けるような体裁をとってくださっているので、実際にビルプ先生の講義を受けているような感覚になれます。

焦らず一つ一つですね。

 

とはいっても練習って面倒ですよね…

やはりこちらのドローイングでも、四角や円柱・丸といったボリュームを描くことから始まります。

でも、四角や円柱、丸などの基礎的な図形が描けることがとても大事…とはわかっているものの、つい面倒で好きな絵を描きたくなりますよね。

実際私もそういったことが多々あったので、面倒という気持ちはとても分かります。

ビルプ先生以外でもやはり、ドローイング関連の書籍では(例えばマイケルハンプトン先生とか)基礎的なボリュームをスムーズに描けるようになることはとても大切なこととおっしゃっていたため、最初はシブシブかいていました(笑

基本的なボリュームを練習するようになってから、思ったように線が描けるように

ただ、この四角や丸、円柱といったものをしっかり「体のパーツの一つ」と捉えながら描くようになってから「思ったように線が描ける」用意なりました。

1ストロークでココマデいっきに、とか、この緩やかなカーブを、といった微妙な調整についても、練習をする以前と比べ格段に「描けるようになっている」という感覚に慣れました。

また、実際にポーズカタログを見て、いまいちわからなかったという箇所も描くことを積み重ねていく間に「見る目」が養われていったせいなのか、骨格がある程度把握できるようになってきました。

意図と意思をもって行った小さな積み重ねは必ず自分の糧になる

四角や円柱といった基礎は、かなり地味で「何のためになるのだろう」とわからない練習に思いがちですが、「この図形を利用して体を把握して、描けるようになる!」という自分自身の意図と意思をもって行うことで、必ず糧になります。

ほんのちょっとの些細なことでも、出来る用意なった時、突然目の前が開けたような感覚になる体験はありませんか?

この基礎的なボリュームの積み重ねは、「突然目の前が開けたような感覚」をつかむきっかけを、いろいろな角度からくれるようになります。

「一番大切なのは、ドローイングを楽しむこと」

練習「しなければいけない」

ドローイング「しなければいけない」

沢山「描かなければいけない」

そんな自分の制限をとりはらって、まず1本の線を楽しんでみてください。

緩やかな線、ギザギザとした線、力強い線、たくさんの線が自分の中にあります。

その線一つを楽しめるようになれば、あとは芋づる方式ですべてが楽しくなり「ねばべき」な自分から解放されていくのではないかと思っています。

なにより、本書でもビルプ先生も「一番大切なのはドローイングを楽しむこと」とおっしゃっています。

上手くいくことも、うまくいかなかったことも、すべてが「楽しめる」状態になったらそれこそ、先生がおっしゃるような「不可能が可能になる」状態に確実に近づけますよね!

 

「この本を手にした皆さんは、トップアーティストの仲間入りです」

沢山の書籍の中で、どの書籍を選んだらいいかわからない…

そんなときは是非、こちらの書籍を手に取ってみてください。

きっとこの書籍の中に、あなた自身を確実にステップアップしてくれる内容があります。

「この本を手にした皆さんは、トップアーティストの仲間入りです」

数々のレジェンドをまだ若い目のころから育て上げてきたビルプ先生が、そう信じて書籍をしたためられています。

自分自身の才能を、信じることが出来るようになる。この書籍はそんな魔法のようなドローイング書籍だと思っています。

 

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

 

ビルプ先生から直接学ぶことが出来るセミナーに行ってきました!(レポ)

生命感のある人物ドローイングを想像から描く方法 グレンビルプセミナー
【ドローイングセミナー】生命感のある人物ドローイングを想像から描く方法、グレンビルプ先生のセミナーに行ってきました!レポ

2017年12月4日、ボーンデジタルさん、MasterDrawingJapanさん主催の「ドローイングマニュアル」著者:グレンビルプ先生のセ ...

続きを見る

 

【開催終了】ビルプ先生から直接学ぶことが出来るセミナー

生命感のある人物ドローイングを想像から描く方法:講義の詳細

「ドローイングマニュアル」日本語版について解説

経歴と著書「ドローイングマニュアル」について解説します。

ドローイングで考慮すべきポイントとは
  • 視線を誘導する
  • 明確なメッセージを伝える
  • 想像から人物を描くということ
陰影や雰囲気を与える
  •  シンプルかつ素早いレンダリング方法
  • デモンストレーション

講義のまとめとして、想像から人物を描くデモを行います。画材をお持ちの方は一緒にドローイングを楽しんでください。

講師の紹介

グレン・ビルプ 氏

グレン・ビルプ先生の教育歴は、50年以上にのぼります。ディズニー、ドリームワークスをはじめ、大手アニメーションスタジオや学校、オンラインスクールで講義を行い、数多くのアーティストを育てています。現在、欧米で活躍しているアニメーション業界のアーティストは誰もが、直接または間接的にグレンの教えを受けています。今回は、4度目の来日授業となります。

 

合わせて読んでいただきたい記事

【画力上達】人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

続きを見る

※ まだ人体を書くことに全く慣れていない!という方は、上記記事内のルーミス先生の書籍を手に取ってみてください。詳細については記事内に掲載させていただいております。

 

【画力上達】背景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

続きを見る

※ ビルプ先生のドローイングマニュアル内で「パースはそれぞれ勉強しておいてね」という箇所があります。まさかの。パースについての理解はコチラの書籍を利用して勉強されることをオススメします。(理由は書籍紹介ページにて)







投稿表示一括

運営者プロフィール

佐藤(Twitter:砂糖ふくろう)

1982年1月18日生まれ 戌年 やぎ座 O型  好きな食べ物は、アボカドとIKEAのスモークサーモンとクルミ柚餅子です。好きなことは、スーツ男性資料を眺める事です。

メルマガ発行してます。

ブログ更新時、ニュースレター発行時にご連絡、メルマガ限定のSUITS LETTERをお送りしています。

登録は無料ですので「もっとSUITS LETTERほしい~!」という方も合わせてご参加いただければと思いますm(__)m

よく読んで頂いている記事



佐藤のお絵描き情報

よく読まれている記事

【画力上達】たった5分の積み重ねが、確実に画力の底上げに!意味有る5分の積み重ねをさせてくれるオススメ教本3冊 1

見たものや想像したものを描きやすくなる 色々な書籍を見て、読んで、実践して、深く感じたことは 「単純な図形を思った通りに描けるようになると、 ...

【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊 2

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や資料などの書籍は2300円平均で、ちょっ ...

【画力上達の本】服のしわ攻略はこれ1冊でOK!オススメのしわ教本 3

最近、色々な人から「しわってどうやって描いたらいいですか?」ときかれるようになりました。 そのたびに、「人を描くのって楽しいね 衣服編」をご ...

【画力上達】まずは人体を全身描けるようになりたい!なら迷わずこの書籍!オススメ2冊 4

ルーミス先生ってやさしいってかいてあってもめちゃ難しいし厳しくないですか? 前回、「服のしわ攻略ならこの1冊!」をご紹介させていただいた際に ...

風景デッサンの基本 レビュー 5

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習しているのですが、かなりの確率で「立方体や円柱を ...

-本の紹介, 絵を描く教本
-, , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.