6分間文章術

日記

6分間文章術を使ったことがあるけれど「今までの文章のほうが良いような氣がする」と使わなくなってしまった人

投稿日:2016年9月30日 更新日:

こんにちは。メデはんの佐藤です。

先日ブログにてご紹介させていただきました
文章を書くことは難しいと思っている方必見|簡単3ステップで『読んでもらえる』文章が誰にでも書けちゃうワケ

文章を書くことは難しいと思っている方必見|簡単3ステップで『読んでもらえる』文章が誰にでも書けちゃうワケ

こちらの記事の反応の良さに 正直驚いております。

こういったご紹介単体の記事は「反応ほぼなし」が当たり前として生きてきたので、結構な数の具体的な反応を頂けたことに本当に驚いています。

通常ですとブログやLPで記事を書いたものに対し、具体的な反応をして頂くために、その事前準備や環境づくりには、大量の行動・工程・時間をかけていたのですが、

それも全くしていない状態でのこの反応の多さ。 何度も言ってしまいますが、かなり驚愕であります。

勿論、中野さんの教材・講座内容の質の良さあってこそ だとは理解しておりますが、そのお知らせ文章として機能したということに驚愕なのです。

中野さんのおっしゃる「言葉の力」というものを改めて実感させていただきました。

実はやったことあります。だけど…という方の声

治療院 集客ができる文章術

そんな中、反応をしていただいた方の中から

「わたしも本買ってやってみたんですけど」
「わたしも講座を受けてみたんですけどね」

「結局いまは使ってないんですよ。」
「普段書いている文章のほうが楽だし、良いような気がして」

というお声を数名の方から頂きました。

…この状況になるの、めっちゃわかります。めっちゃわかります。

正直自分も先日の1DAY講座を受けて、「記事を書き上げるまで」は同じ状態だったので、この気持ち めちゃくちゃわかります!

でも! それ 多分もったいないです。

なぜなら…というわけで、その理由についてお話をさせて下さい。

6分間文章術を買った

エンパシーライティング講座うけた

けれども「本当にコレでいいの?」と今現在、利用をされていない方には必見の記事になると思います!

実は私も、6分間文章術 挫折者でした。

症状別ページの文章悩む 解放

2013年に発売されました6分間文章術

こちら、実は私も発売と同時に購入しました。アマゾンキャンペーンも申し込みさせていただいていたと思います。(特典がなんかあった覚えが…)

勿論、内容に沿って実際に作成をさせていただきました。

ただ、出来上がった文章に対して感じたのは

本当にコレでいいの?

という想い。

その理由としては

・描き終わったぜ!という感覚なし(20%くらいの感覚)

・いつもの文章のほうが”早く”書き上がるような気がする

・いつもの文章のほうが”なんとなく良い”感じがする

・イマイチ出来上がった文章に”自分自身が説得力”を感じない

・満足感がない

という5点。

とにかく「かいた感覚がない」んです。できた!っていう達成感もない。

なので、なんかこれちがうかも 反応がありそうには思えない と勝手に判断し、出来上がった文章を世に出すこと無く、エンパシー挫折しちゃいました…

その後独学でひたすら大量書籍購入。佐藤が作成した文章への反応

文章力アップのためのビジネス書籍ジプシー

6分間文章術、エンパシーライティングは利用しなかったものの、

見よう見まねも含め、文章を書くことや文章術に対しての書籍を購入・実践ということだけはやめていなかったこともあり、

おかげさまですこしずつではありましたが、2014年後半あたりから「文章」でのお仕事も頂けるようになりました。

「うーん やっぱり 自分がいいと思った方法でやるのがいいよね!」

なんて思いながら 新しい物を見つけては 実際にかいてみる → ちょっと反応をいただく → うれしい の繰り返しをしておりました。

しかし、今考えてみたら、「見て頂く接点・環境づくりのための施策」も「文章のお仕事」の中に含ませて頂いていたので、反応率や反応件数は上げていくことは出来ていたのですが、文章オンリーでは 反応率は上がっていなかったのではないかと。

わたしはそれを認めることができず…ちょっともやもやを抱えた状態のある時

「佐藤さん、文章うまいとおもうんだけど 要点がわかりずらいんだよね~」

というお声をいただきました。

要点がわかりづらい文章=伝えたいことが伝わらない

元気がないと読めない文章はセールスレターじゃない!

「沢山の想いとか情熱とか、勢いとかは凄く伝わってくるんだけど ”で?”ってなるかなあ…」

衝撃の言葉。

要点がわかりずらい・で?結局? という文章になってしまっているというのは、文章・言葉をお仕事させていただくようになった私としては、もらってはならない「反応」でした。

しかし、どこか自分でもそれを理解していたからこそ、文章でないところへのテコ入れをして、仕事として成り立たせていたのだと思います。

さらには別の方から

「長い・・・ね・・・・あの・・・あとで元気があるときに読むね」

最悪なパターンです。

私の文章は、元気がない人に読んでいただくことがメインであるにも関わらず、
「元気がないと読めない文章単品を納品」していた、ということにもなります。

治療院さん、個人医院さん専門の会社の会社であるのにもかかわらず!です!

※この案件については、キレイに体裁をととのえ、なんとかデザイン性で読んでいただける形となり、反応が頂けるようになりました。結果オーライになってよかった…

必要なのは「自己満足な文章」ではなく「反応が出る文章」

反応が出る文章にこそ意味がある

要点がつたわらない ということは 大事な部分がつたわらない わけで そりゃあ文章だけで反応…は出ないですよね。

そして、読み切るのに元気がないと読めないってなったら そりゃ 読んでもらってすらいないわけですから 反応は出ようがないわけです。

おっしゃることごもっとも!と思い、ご依頼を下さるお客様の成約率を上げていただくための、純粋な文章力のための方法をまた模索し始めることにしました。

身近に素敵な文章を書かれている方が「エンパシーライティング」を利用していた

付箋を使って 書いてはるだけ

そんな中で 素敵な文章を書かれている先生にお会いしました。

その素敵な文章というのが、驚くことに

・ 文章表現は馴染みのある表現
・ 皆が普段使っているだろう言葉
・ デザイン性で魅せるわけでもない

といった文章表現にも関わらず

読み始めたら最後まで読み切って、「なるほど…ちょっとやってみるか」になるような文章だったのです。

しかも結構な文章量。おそらく 6000~10000文字はあったと思います。

その結構な文章量を 最後まで読ませてしまうけれど、かといって劇的にすごい!という文章ではなく、素朴で温かみのある文章。

そんな文章に惹かれ、執筆をされていた先生に色々とお話をお伺いした所「あ~それ、エンパシーライティングで書いてるやつかも」とのこと。

正直「え~~~~!?!」でした。

うそぉ ほんとにぃ? というのが正直な感想でしたが、ふと「表現力でもなく、デザイン性でもなく、ただ読ませてしまう、そして行動への感情がひかれる」というところに

あ・・・これ中野さんがそんなこと言っていたかも」という書籍の内容をうっすら思い出しました。

文章表現も大事。だけど”一番”大事なのは「文章構成」

CJNBBRmUcAA88Dc

中野さん曰く

相手に読んでいただくには、相手の求める順番で相手の求めることを伝えられること=構成のほうが大事なんです。
表現力やメッセージ性も勿論大事ですが、それをつたえるためにはまず読んでもらわなければいけません。

とした場合、読む相手が読みたい順番に読みたい内容を書いてあげる 文章構成は大変大事になってきます。

相手が読みたい順番に読みたい内容を書く

考えてみたら、至極当たり前なことでした。

例えば、「ネット通販で今すぐにでも買える美味しいチョコレートが食べたい」人が探した結果でてきた記事の構成が

1: チョコレートの歴史
2: チョコレートに含まれる成分
3: チョコレートへの思い
4: 弊社商品のこだわり
5: 味の感想などお客様の声
6: 今すぐ買える美味しいチョコレート
7: うちのチョコレートの美味しさはここに秘密があった!

なんてなってたら

どんなに素敵なメッセージ性、含蓄にとんだ文章、であったとしても
多分、2を読み始める手前でブラウザ切り替えますよね。

これを

6: 今すぐ買える美味しいチョコレート
7: うちのチョコレートの美味しさはここに秘密があった!
5: 味の感想などお客様の声
4: 弊社商品のこだわり
2: チョコレートに含まれる成分
1: チョコレートの歴史
3: チョコレートへの思い
追加:クロージング

の順番にしたらどうでしょう?

…でもコレって、ある程度文章書ける人って
なんとなーく考えながら構成しつつやれちゃうんですが

一つ落とし穴があるとしたら、描きながら構成を考えるために、「時間がむちゃくちゃかかる」んだと思います。

時間をかけなかったら、今度は要点がまとまらず、ただ長い文章になり、ターゲティングが曖昧になりますし。

そこを文章を書くのが苦手な方でもしっかりとフォローできるのがどうやら エンパシーライティング・6分間文章術だったようなのです。

正直1DAY後も”本当にこれでいいの?”という気持ちがありました

65cfda5a2f14fe8f5de56c61f324f447_s

よし、じゃあ今度は「挫折しない」ためにも ちょっとお金をかけて10倍元をとるきもちでやろう!

と、前提にホームスタディ講座1DAY講座を受けることにしました。

ホームスタディ講座だけでもよかったんですが、「あとで~あとで~」となんだかんだ先送りにしてヤラないパターンになりそうだったので、

強制的に1日缶詰になれる1DAYも一緒に受けさせていただいたほうが確実!と受講しました。

受講した感覚は 先日の

文章を書くことは難しいと思っている方必見|簡単3ステップで『読んでもらえる』文章が誰にでも書けちゃうワケ

の通りなのですが、

実を言うと、帰ってきてこの文章をかきあげた瞬間は、「本当にこれでいいの・・・?」という感覚がまだ有りました。

あれだけ、1DAYで「すごい!」「伝わってる!」という感覚を受けたにも関わらず、帰ってきてから書いた文章に不安を感じていたんです。ソワソワ。

まずは出してみる。

文章力をあげるためにはまず公開!

1DAYで感じたあの感覚が無いのはきっと、「出して他の方々の反応を見ていない」事だろうと思い、自分が納得するしない関係なく、まずは出しちゃえばいいか。と 先日の記事として上げさせていただいたわけです。

それでも!書き上がってから公開するまでのこの間、めっちゃドキドキ!

私A「1DAYではみんな反応良かったし!」
私B「いい人ばかりだったんでしょう?社交辞令かもしれないじゃん」

私A「でも!でも!私も相手の方の商品興味もったし!」
私B「相手の方の説明がもともとうまかったんじゃないの?」

私B「エンパシーで書きましたっていう文章でこれだして 中野さんに迷惑かかったらどうすんの?」

書き上げてからアップするまでずっとこの会話が繰り返されていましたが、最終的には、サマーウォーズの主人公のごとく「よろしくおねがいしまああああああああああああああああああああっす!」って指震えながらエンターキー押して公開にふみきれました。

勢いも自分には大事でした。

 

びっくりするほど、反応が変わった。

6072fdcbdaf655e327af290012b37d7c_s

公開後、FBとツイッターと告知させて頂き、もへーっと数時間待っていた所、結果は通常の1.5倍のアクセス数、ビュー数は3倍現時点で10倍になってます)そして、電話やFBチャット、skypeなどなど、いろいろな方からお問い合せを頂きました。

そればかりではなく、何故かその流れで文章のお仕事も数件頂くことに

正直な所、個人的なこの手の「体験談」「オススメ系記事」は、ブログ・FBで告知をしても、ほぼ 反応0(ゼロ)だったんです。

むしろ、自分から「どうだった!?どうだった!!? オススメなんだけど!」とゴリ押しする勢いでフィードバック貰って「うん よかったんじゃない(お茶を濁す感満載)」みたいな流れが多かっただけに 本当に驚きの数字と結果でした。

もう一度、6分間文章術・エンパシーライティングはじめてみませんか?

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

というわけで。

何が言いたいかといいますと、もう一度書籍を手に、6分間文章術・エンパシーライティングはじめてみませんか?という事です。

体感覚として「ほんとにぃ?」「これでいいのぉ?」「反応が増えるようにはおもえないなぁ」と感じられるかもしれませんが、その感覚は今一度横にちょっとおいておいて、書いて実際に出す(皆様に見てもらう)をやってみていただけたらなー…と。

だってこんなに反応頂けるなら もっとたくさんの方にエンパシーライティング実践して頂きたいじゃないですか><

私の記事で再現性があるってことは、他の方にも再現性があると思うのです><

だから 挫折した!という方にこそ もう一度取り組んで 反応を実感していただきたいのです><

なので、まずは書いてだしてみる!にぜひ取り組んで頂けたらなあと…

6分間文章術・エンパシーライティングは「書く」が行動のラストではなく

「書く→公開する」が自分の出来る行動・学びになるのだなと 改めて実感したのでした。

追伸

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s

中野さんは「速いと5枚、遅くても10枚で慣れてくるんじゃないかな~」のようなことを言ってらっしゃったので、「10書き上げてアップするまで」を目標にしていただければよろしいかな-とおもいます!(*´∀`*)

エンパシーライティング 講師:中野 巧(なかの こう)

エンパシーライティング 1DAY講座が本当にすごかった・・・・9月22日(木曜日)エンパシーライティング1DAY講座
※終了致しました。次回予定は2017年だそうです。

エンパシーライティング マスター講座2016年10月26日~27日(水曜日・木曜日)エンパシーライティング マスター講座

『奪うセールス』に辟易している方にオススメの講座です。
講座内で「受講料の3倍の元は取って下さい!」とお伝えする、中野さんの2日間みっちり集中講座。
※参加申し込み受付中:定員16名まで。
お申込みはコチラから

エンパシーライティング メソッド開発者
中野 巧(なかの こう)

プロフィールhttps://www.empathywriting.com/profile/
無料プレゼントhttps://www.empathywriting.com/present/
お客様の声https://www.empathywriting.com/appex/
Facebook:https://www.facebook.com/kou.nakano
Bloghttp://blog.empathywriting.com/

 


おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-日記

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.