理性の限界

日記

理性の限界

投稿日:2016年10月12日 更新日:

頼んだ記憶がない書籍が到着しました。

たまにそういう書籍が届くんですが履歴にはしっかりのこってるので、若干夢遊病気味に頼んだんだと思われます。

理性の限界

えっ…なにこの難しそうな本…私こんな難しそうなの確実に頼まない…

と思いつつ、せっかくなのでぺらぺらとめくって読んでみたら

序文から司会者がいきなりシンポジウムを開催しはじめていました。

そして、そのシンポジウムに出席しているメンツが

・会社員

・数理経済学者

・哲学史家

・運動選手

・生理学者

・化学社会学者

・カント主義者

・シェイクスピア学者

(以下略)

なんだかよくわからないジャンルメンツが揃ってます。

この後、

囚人のジレンマ

ラプラスの悪魔

不確定性原理

二重スリット実験

などが上記に上げた登場人物が疑問、質問などをまじえて 説明をしてくれる模様。

どうやら「倫理学・哲学」について「全くわからない素人」の人に読んで頂く前提のための本のようです。あと量子論もかな?まだちら見だけなのでわからないのですがなんかそんな感じ。

表紙の柱書には

「理性の限界」をめぐる知的ディベート開幕!

私たち人間は、何を、どこまで、どのようにして知ることが出来るのか?

いつか将来、あらゆる問題を理性的に解決できる日がくるのか?

あるいは、人間の理性には、永遠に越えられない限界があるのか?

(以下略)

なんだこの 週刊少年誌バリに熱い展開は!!!!
拳と拳のぶつかり合いでも起きそうな印象であります。

購入依頼をした覚えはないのですが、なんだか面白くなってきたので読んでみようと思います。こういう偶然の出会いの本、久しぶりです。

 

しかし、「ラプラスの悪魔」って言葉の響き、めっちゃかっこいいですね。

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-日記

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.