ルーミス やさしい人物画

ルーミス日記 雑記

【練習1日目】とにかくたくさん描くこと。人体模型の骨格と向き合った時間は必ず報いられる|ぼくのルーミス日記

投稿日:2015年9月6日 更新日:

今日は練習記録と合わせて、むずかしそうだといってずっと避けて通っていました、こちらの本のご紹介。

やさしくないと有名な(笑)ルーミス教本:やさしい人物画です

 

やさしい人物画:実践感想

ルーミス人体の描き方

しっかりやることに決めまして、せっかくなのでルーミスのあしあと残ししようとおもいます。ルーミスだけじゃなくて、ほか教本を見ながら練習したものなども練習ログとして『ルーミス日記』カテゴリで足跡残しします。

初日のルーミス練習の様子

 

ルーミス練習

右に傾く、かと思えば中心軸から左にずれる。自分の手クセが丸裸ですね。

 

人体のバランス目安について

人体の比率をしっかり勉強していなかったので8頭身だった場合(男性)

  • 7頭身目: あご
  • 6頭身目: 乳首
  • 5頭身目: へそ
  • 4頭身目: また
  • 2頭身目: ひざ

という位置に来るということを初めて知りました。今まではなんとなくで描いてたので、文章などもしっかり読みながら描いていると、すごい染み入っていく感じです。

 

図解と一緒に書かれる「描く際の意識」

途中途中「こういう意識で描きましょう」というコメントとも豊富にあり、それがまたインスピレーションや情熱を沸き立たせるような素敵なものばかり。

  • 「重心を感じ取るようにこころみる」
  • 「とにかくたくさん描くこと」
  • 今すぐ描いてみること
  • 「人体模型の骨格と付き合った時間は必ず報いられる
  • 「数多くの実験をすること」
  • 「君の描く人物の大半は モデルの働きよりも”君のかんじたもの”であることを 思い出しなさい」

などなど絵を描くことに対しての意識は勿論、絵に対する自己啓発的側面のあるコメントなどが数多くかかれていて描き進めていけばいくほどすごいワクワクしてきますね・・・!

”必ず報いられる” 

いい!すごくいい!

それを糧に積み重ねるよ! ルーミスさん!

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

 

今日ご紹介した書籍はコチラ

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-ルーミス日記, 雑記
-, , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.