画材

【画材紹介】三菱 Hi-uni 8B鉛筆の書き心地は?大人の鉛筆2Bと比べてみた。

投稿日:2017年6月14日 更新日:

練習をするとき、滑らかさ、ぬめりの具合、紙の引っかかり方の具合が好きで大人の鉛筆+2Bを使っているのですが、もっと濃いめの色で、ペンシルタイプのアイライナーのようなぬめり感がほしいなあと思い立ち、思い付きでHi-uni 8Bを購入してみました。(濃ければいいかという軽率な思い付きで購入をしたので、特にブランドは気にしていませんでした)

今日はHi-uni 8Bの描き心地レビューです。

 

Hi-uni 8B鉛筆

というわけでamazonでぽちっと購入。

Hi-uni 8B鉛筆 レビュー 使い心地

せっかくなので1ダース購入してみました。1本だけだと送料のほうが高いという切ないことが起こるので‥‥

ケースがなんだか頑丈そうなかっちょいいやつで届きました!

Hi-uni 8B鉛筆 レビュー 使い心地

1本とりだしましてー

Hi-uni 8B鉛筆 レビュー 使い心地

手動のよくある鉛筆削りでしょりしょり。

あまりとがらせると、ぬめり感がわかりづらいかな?と思い、先端はトキトキにはせず、平坦が少し残ったくらいにしてみました。

 

8B鉛筆の書き味は?大人の鉛筆2Bと比べてみた。

8Bだけで試し書きをしてもわかりづらいので、比較対象用に大人の鉛筆+2Bと比べてみました。

左側の四角が3度塗りしたもの、右側の四角が1度塗り、からの~くるくると1本線をかいてみたものです。

Hi-uni 8B鉛筆 レビュー 使い心地

当たり前といえば当たり前なんですが、やはり8Bほうが濃くでますね!(当たり前すぎる)

肝心の書き味ですが、さすがにペンシルタイプのアイライナーのようなぬめり感とまではいきませんでしたが、大人の鉛筆用の2Bと比べると、紙への喰いつき感がさらになめらかです。(アイライナー感覚があるのかと期待しながら書いていた時は、かなりかさつきを感じてしょんぼりしたのですが、2Bと比べると「だいぶ滑らか」です。)

先を鋭利に削ることができれば、線の細さ太さと同時に、薄さ濃さの幅を手首に負担をかけずに広げることができそう!

宮崎駿さんが原画を描く際に、濃いめの鉛筆で書いているという話を聞いたことがあるのですが、手首の腱鞘炎へ負担をかけないようにするためといっていた理由がとてもよくわかりました。

また、重ね塗りをした時の色が濃く乗る感覚がとても気持ちがいいです。重ねれば重ねるほど、手に伝わってくる感覚が滑らかになってとても気持ちがいい!ので、絵を描くときに影を塗るのがとても苦痛だったのですが、このHi-uni8Bを利用すれば影を塗り重ねる楽しさが出てきそうです。

これでまた、ワンストロークのきれいさにつながるだろうか…( ˘ω˘)

 

フォロワーさんから「ステッドラー使ってました!」の声が

そんなわけで上記の試し書きしたわけですが、その内容をツイッターで流したところ、お絵かきつながりのフォロワーさんから

ファーバカステルと比べて試したけどステッドラーが好き
高校時代ステッドラー使ってました!

といったリプを頂きました。

ステッドラー人気だなあ…。

フォロワーさんからも、ステッドラーの他、いろいろ鉛筆についてのお話を聞かせてもらったので、また次回にでも、試し書きの比較まとめでも作らせていただこうと思います。

予定としては以下の内容です。

  • ファーバーカステル ブラック
  • ファーバーカステル HB B 2B 4B 6B 8B
  • ステッドラー 2B 4B 6B 8B
  • HI-uni 10H~10Bの22硬度
  • Uni埼玉県限定10B

これは鉛筆沼…?しかし、削りかすがなあ…削りかす片付けるの失敗しないようにしないとなあ。

 

絵の練習用に大人の鉛筆
【画材紹介】削りかすが気にならないノック式の鉛筆『大人の鉛筆』を私が3年以上ずっと使っている理由

いろいろな人から「佐藤さんは絵の練習をするとき、何で描いてますか?」ということを聞いてもらうことが多 ...

続きを見る

 

ご紹介した「Hi-uni 8B鉛筆」はコチラ

 

人体を思った通りに描けるように底上げしてくれるオススメの教本5冊

【画力上達の本】人物を描く技術や表現の底上げになるオススメ教本5冊
【画力上達の本】人物を描く技術の底上げになるオススメ教本5冊

「人物を描くにあたって技術や表現の底上げをしてくれた!」と感じているオススメの教本5冊 絵の描き方や ...

続きを見る

背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

風景デッサンの基本 レビュー
【画力上達の本】背景や風景だけじゃない!パースを理解して人体に説得力をだす「風景デッサンの基本」

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

続きを見る

おすすめ記事一覧

脳の右側で描け 体験レビュー 1

以前から「脳の右側で描け」の書評などで「上手くなる!本当だった!」との話を聞いていて気にはなっていた ...

塗り絵で心ゆったり講座 in船橋 2

2017年9月10日、千葉県船橋市にて行われた「塗り絵で心ゆったり講座」に参加してきました。 今日の ...

風景デッサンの基本 レビュー 3

人物をしっかりと描くためにパース理解をするとぐっと変わる 私は人物ドローイングをメインで練習している ...

-画材
-, , , , ,

Translate »

Copyright© さとうぶろぐ , 2017 All Rights Reserved.